フリーランスになる前に必要なこと

フリーランスになってから苦労する人は多くいます。


思うように仕事がとれず、収入が安定しないと悩む人が多いわけです。



それは当然のことですが、たとえ会社員の頃に高い評価を受けていたとしても、組織の後ろ盾が無くなってしまうと信用度はほとんど無くなってしまいます。


求める品質は保証されるのか、納期までに納品されるのか危惧されるわけです。


そのためにフリーランスとなってから安価な依頼を数多く受けて実績を積むしか無くなります。

けれども手当たり次第に仕事を受けていては、スキルを深く磨くことができなくなります。
そのために、フリーランスとなる前に必要となることがあります。


それは、個人として仕事を受けることです。いわゆる内職を行うわけですが、本業とのバランスが難しくなるのは事実です。



掛け持ちで仕事を行うので疲労感も半端なくありますし、そのために本業に影響が出るようなら本末転倒となります。けれどもそこで上手く仕事をコントロールしながら実績を積むことで、独立してからもすぐに仕事を受けることができるようになります。

また、副業であれば生活には影響が無いことから、磨きたいスキルにつながるような仕事に絞り込んで選ぶこともできます。


これは少しでも収入が欲しいフリーランスとなってからはなかなかできないことです。



そしてある程度の深いスキル磨きができるようになったならば、頃合いを見て顧客を確保したまま独立することができることになります。