ノマドというフリーランスの働き方

以前、ノマドという言葉が流行しましまた。これはフリーランスの働き方の一つを言い表した言葉で、日本語の意味としては「遊牧民」になります。

フリーランスになると、基本的に会社に出勤する必要がないので、いつでも好きな場所で働くことができます。



ただ、たいていは家で働くことになりますが、ノマドと呼ばれる人たちはパソコンとスマートフォンを持って、無料でWi-Fiが使える喫茶店などを渡り歩いて仕事をするのです。パソコンとWi-Fiがあれば作成したものをクライアントにすぐに提出できますし、スマートフォンがあれば話し合いをすることもできます。
つまり、毎日、好きな場所をオフィスにできるのです。
ただ、最近はノマドという言葉をほとんど聞くことがなくなっています。



もちろん、今でもそういった働き方をしているフリーランスはいますが、なぜ急速にノマドという言葉が交わされなくなったのでしょうか。

いろいろな要因が考えられますが、たとえば、ノマドというのはあくまでもスタイルの名前であって、自分のことを指し示す言葉としては不適当ということが挙げられるでしょう。



また、ノマドスタイルで仕事を続けるのは案外大変で、以前と比べて特別増えているわけではなく、社会的にも目立っていないという理由もあるでしょう。

つまり、ノマドが目立っているので取り上げて言及したいというメディアや個人が最近はないので、言葉自体を聞くこともなくなったというわけです。